洗顔料選びと洗顔のコツ

肌に優しく汚れを落とす

美容

洗顔料にはいくつかのタイプがありますが、合成界面活性剤を含んでない洗顔石鹸は肌に優しく汚れを落とすことができます。洗顔石鹸そのものが界面活性剤の役割をしてくれますから、適度な洗浄力で皮脂の奪いすぎの心配もありません。また、脂性肌の方は、動物性油脂から作られてるタイプがおすすめです。皮脂をしっかりと取り除く作用を持っていて、バリア機能を壊すことなくすっきりと洗い上げることができます。一方、乾燥肌の方はオリーブオイルなど、植物性オイルから作られているタイプが良いでしょう。オリーブオイルに含まれているオレイン酸が皮脂を守りながら、汚れのみを優しく落としてくれますから、潤いを残してくれます。完全無添加タイプも多数ありますから、肌に合うものを選んで使いましょう。

洗顔の重要性

肌には自ら皮脂を出して保湿効果を高めたり、新陳代謝で美しい肌を作り出したりなど、様々な機能が備わっています。しかし、汚れを落とす機能だけは備わっていませんから、洗顔石鹸で汚れを取り除く必要があります。メイク汚れ以外にも、空気中のほこりや有害物質、汗や皮脂など、私達の肌は毎日色々なもので汚れていますから、しっかりとこれらを取り除かないと、肌トラブルの原因になります。スキンケア前に洗顔石鹸で汚れを取り除いて清潔な状態にしてこそ、化粧水や美容液などの基礎化粧品の力が発揮されやすくなります。美しい肌の基本は清潔で健やかな肌ですから、化粧品で水分や栄養を与えるケアだけでなく、洗顔で落とすケアにも力を入れましょう。